2014年08月23日

おかげさまで

concept.jpg
メロン屋工房は今月9年目スタートとなりました。

これも多くのユーザー様、お取引先様、各地方の遊漁船の船長様、テスターのおかげです。
ありがとうございます。

※以下、文章が長くなりますのでお時間ある方はご覧ください。...

最初のお取引をさせていただいたショップ様はプロショップモギ様、バスメイト様です。

きっかけはサンライズ田代船長が新海ではなく鰤走(しわす)という船で遊漁を始められた頃、七里でプロトのRF155Sを使用しクロマグロをキャッチしていただいたことを師匠である茂木陽一氏の掲示板で紹介していただいた事でプロショップモギ様とお取引開始いただき、バスメイト店主の徳永様が乗船時にルアーを見て田代船長を通してバスメイト様とお取引が始まりました。

今でこそ、ヒラマサキャスティング、青物ジギングのメーカーのイメージが強いのですが最初はマグロ用キャスティングルアーが始まりでした。

メタルジグ(スライダー)も開発し、サンライズさんでヒラマサが良く釣れ、各地でワラサがよく釣れ商品化しましたが、キャスティングプラグほど売れ行きが良くなく在庫過多でした。そんな時、伊豆とび島丸さんで御蔵島に行き、230スライダーで釣ったヒラマサのおかげでジグが飛ぶように売れました。

数年後、ヒラマサトップウォーターゲームが外房の山正丸さんから発信されたことなどもあり、サンライズさんを中心に九州で爆発的に流行し全国に広まりはじめました。
ザウルスキング小野山氏からお声をかけていただき、エイ出版社DVD「ヒラマサキャスティング完全解説」にメーカーとして露出させていただいたことで知名度が大幅に上がりました。

その後、ヒラマサキャスティングブームも落ち着き、プラグの需要が下がる中、外房でウィークベイトSDが爆釣し山正丸山口船長がブログで紹介していただいたこともあり、今や外房の定番ジグの一つとなったと実感しております。この頃から問屋である魚矢さんのおかげで販売店様が飛躍的に増えはじめ「どこでも、いつでも買えるルアー」を目標としていたことが実現に近づいてきました。

ここ数年は各地テスターの頑張りにも支えられ、実践第一のメーカーと認知され、多くのユーザー様に安心、信頼しご使用いただける商品展開が出来ております。

掻い摘んで弊社の足跡を書きましたが、このほか書ききれないほど数多くの皆様に支えられてきました、人と人の出会い繋がりを大事にしてきたことにより、今のメロン屋工房があると実感しております。

「初心忘れるべからず」

改めて画像のHPのコンセプトを読み、メロン屋工房立ち上げ当初からの気持ちが変わらない事、ブレていないことを確認しました。

文章は友人である川角君が考えてくれました。
ありがとう。

今後もユーザー様あってのメロン屋工房です。

より釣れる商品、使いやすい商品を開発し、皆様の釣果に少しでも貢献出来ますよう頑張りますので、今後ともご支援ご声援いただきますようよろしくお願いいたします。

メロン屋工房 代表 永井真人
posted by メロン屋 at 07:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: