2013年09月29日

ジグの選択方法の基準

004.JPG




先日のタックルセッティングの続きでメタルジグの選択方法を少しご紹介させていただきます。

同じくブリ、ワラサをターゲットとした場合を想定しての選択です。

私の場合、製品テストがあるためテスト優先の状況がありますが、ブリ、ワラサを狙う場合は少し前まではまず最初はウィークベイトSDを選択していました。
...

ポイントに到着し一投目、まず潮の流れ具合(方向や強さ)を探りますが、なぜウィークベイトSDかというと、ある程度引き抵抗があり、細身ながら肉厚のため潮の抵抗を必要以上に受けすぎず、なおかつ潮の状況が感じやすいためです。
以前はスライダーをよくサーチベイト的な使い方をしましたが、ウィークベイトをテストし始めた頃からこのような使い方をするようになり、最近はプロトのSRがちょうどサーチベイト的な使い方にマッチしておりそちらを使用しております。

そこから魚からのコンタクトを拾い、徐々に絞り込んでいきます。

少しスライドさせた方が反応が良い場合はそのままウィークベイトまたはスライダーにチェンジし、スライドさせた反応よりもシャクリが弱くナチュラル的な動きに反応が多ければメタルフラップにチェンジします。

カラー、サイズ選択についてですが、事前情報で魚が何を食べているのか?
わかっている場合とわかっていない場合があると思います。

わかっている場合、ジグサイズは可能な限りベイトサイズに合わせます。

コウナゴならば細身のシルエットとベイトの長さ、イワシならば捕食しているイワシのサイズ、コノシロやコハダならば水深に対して少し大きめのサイズでシルエットが大きめ。

カラーについては、ベイトがイワシの場合はシルバー系、イワシなど、イカの場合はグローが少し入ったものやレッドゴールドなど、アジの場合はゴールド系のグリーンゴールド、

では、事前にベイトがわからない状況の場合どうするか

釣行エリアによってはご当地カラーというのが存在します、玄達のレッドゴールド、玄界灘のオールシルバー(オールシルバーはご当地でなくとも人気がありますが)など地域で良く当たるカラーです。そんなカラーを選ぶのも良いと思います。

あとは自身が実績のある信頼できるカラーを選ぶのも良いと思います。

自分の場合はピンクホロにグローが入ったカラーを基準にし、アクションなのか、カラーなのかを判断していきます。

初めて釣行するエリアにおいて、
事前準備で釣行するポイントの水深をある程度知っておくことは皆さん行っていると思います。
しかし、お世話になる船宿がスパンカーを立ててバーチカルに狙うのか、ポイント上を横流しで流すドテラ流しなのか確認しているかどうかです。

これによりメインのジグのウエイトがまた変わってきます。

上に書いたジグカラーと反応するアクションの違いによるルアーローテーションはそれほど変わりませんが、流し方の違いによるジグの入れ方、誘い方がまた違ってきます。

この辺はまた、長くなるので別の機会に。

以上がジグを選ぶ大まかな基準なのですが、少しでも参考にしていただければ幸いです。

そのほか釣行エリアにより、また絞り込んだ戦略もあります、また追々ご紹介できればと思います。

画像は現在試作テスト中のジグバックです。ターポリン製の袋タイプでベルクロでぐるりと巻き付け固定するタイプです。意外と容量がありジグが沢山はいります。2サイズ予定ですが大型サイズは予備ジグのストック用で大容量です。
posted by メロン屋 at 13:23| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
参考にして 釣りしてみます。
Posted by 番長 at 2013年09月29日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: